ブリーフィングスタンドキャディーバック ヘッドカバー付き

ブリーフィングスタンドキャディーバック ヘッドカバー付き

ゴルフコンペで使われるハンディキャップの種類や算出方法、決め方について解説します。参加者が気持ちよくプレーできるようなハンデ方式を採用しましょう!

ブリーフィングスタンドキャディーバック ヘッドカバー付き

スタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリ最安値挑戦! ブリーフィング キャディバッグ スタンドバック BRIEFING 新品登場 各ヘッドカバー付 キャディバッグ - バッグ - alrc.asiaスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリカーボン製スタンドにグッとくる「ブリーフィング ゴルフ」のコラボ スタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリ新品登場 各ヘッドカバー付 キャディバッグ - バッグ - alrc.asia新品登場 各ヘッドカバー付 キャディバッグ - バッグ - alrc.asiaスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリ最安値挑戦! ブリーフィング キャディバッグ スタンドバック BRIEFING 最安値挑戦! ブリーフィング キャディバッグ スタンドバック BRIEFING 最安値挑戦! ブリーフィング キャディバッグ スタンドバック BRIEFING スタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリスタンドキャディバッグ ブリーフィングの中古/未使用品 - メルカリ

ゴルフコンペのハンディキャップ(ハンデ)は、初心者~上級者までなるべく優勝するチャンスが得られるように設けられるものです。 どんな場合に採用すべきかについて解説します。

  • 現在、最も多くのコンペで採用されている方式です。「新ペリ」と略称されることも多いです。 グロススコアで見ると、AさんとBさんの差は10ですが、ネットスコアで見ると2.8と、半分以下になることがわかります。

    このように、実力差があっても、ハンデを考慮したスコア(つまり、運の要素)で競い合うことで、多くの人にチャンスが生まれやすくなるのがハンデです。

    ホール※1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計※2 HDC NET
    Par 5 4 4 3 4 4 5 3 4 72 - -
    Aさん 6 5 5 4 5 5 6 4 5 90 14.4 75.6
    Bさん 7 6 6 4 6 5 6 5 5 100 21.6 78.4
    (※1)赤の丸がついているホールが隠しホール(※2)10~18ホールも全く同じ結果だったとする

    グロス(実際の合計打数)よりもNET(ハンデを入れた合計スコア)の方が差が小さくなる

  • 新ペリアが生まれる以前、プライベートハンデの主流だったのがこの「ペリア方式」です。 例えばスコアが同じ人でも、偶然隠しホールで多い打数になった人は、その分ハンデの数も多くなります。

    下の図のスコアは、実際の打数自体は上の新ペリアの図と全く同じになっています。 ペリアは、新ペリアよりも、初心者によりチャンスがある方式であるといえます。

    ホール※1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計※2 HDC NET
    Par 5 4 4 3 4 4 5 3 4 72 - -
    Aさん 6 5 5 4 5 5 6 4 5 90 14.4 75.6
    Bさん 7 6 6 4 6 5 6 5 5 100 28.8 71.2
    (※1)緑の丸がついているホールが隠しホール(※2)10~18ホールも全く同じ結果だったとする

    新ペリアより運の要素が強くなる=より初心者にチャンスがある

  • 新新ペリア方式は、最近耳にすることが多くなったハンデの方式です。 下の図も、実際のスコア自体は前出の2つと同じです。ネットスコアを見るとAさんとBさんがほぼ同じ、という結果になっています。 どのハンデを採用するのがいいかは、参加者全体のレベルにどれくらい差があるのかをまず基準として考えるといいでしょう。

    例えば、初心者がかなり多い場合はペリア方式を採用して、初心者にも優勝のチャンスがあるようにするといいでしょう。

    • どのハンデ方式でも、可能性としてとんでもなく大きなハンデ数になってしまうことがあります。